『印鑑登録』自分だけの「印鑑」をきちんと登録します。『印鑑証明』登録された印鑑が本物であると言う証明をする行為を印鑑証明と言います。※書面で表した物を印鑑証明書と言います。そこで、ここでは印鑑証明書についてのお話を簡単にしてみたいと思います。

印鑑証明書を使う場面と言うのは、主に一戸建て、マンション、自動車を売買する時に使用したりしますよね。そんなことで、とても重要な書類と言えます。自分の印鑑を地方公共団体に登録します。それを証明するための物が印鑑証明書になりますが、家を売買する時ってそんなに無いとは思いますが、車を購入する時に「印鑑証明書を用意して下さい!」と言われ「何それ?」それでは、何故そんなに、この印鑑証明書が重要なのでしょう!?

それについて言うと、本人が地方公共団体に登録した印鑑である事を証明します。そして、地方公共団体と言う信頼できる第三者が本人の印鑑の信用性を保証してくれています。その書類と言うことになりますね。『印鑑証明書』それで、印鑑証明書を発行する時に住民票のように発行理由を特に聞かれることなく発行してもらえると言います。

※但し、印鑑証明書を発行してもらうには、まずは印鑑を用意します。それを印鑑登録してもらう事から始めなければいけません。それをして始めて印鑑証明書が発行されます。(笑顔)